シートメタルツール・金型・測定工具
TOEI INDUSTRIAL CO., LTD.

東栄工業株式会社

Sheet metal tools

デジタル曲げ角度計 DPM-2 PAT.

板金の曲げ角度がリアルタイムに、計算なしで直読できる。
世界初の板金曲げに特化した小型角度計

・2通りの測定モードを搭載。測定モードはボタンで切り替えできます。

 【曲げ角度測定】板金曲げ角度がリアルタイムで表示されます。

 【一般角度測定】通常の角度計として使用できます。

・任意の位置を0°にセットし、その角度からの比較測定ができます。

・落下等の衝撃を加えても変形しにくい、堅固なアルミ一体成形外装。

曲げ角度モードで
板金曲げ角度のリアルタイム測定

180°-2αの曲げ角度モードで、曲げ加工中の板の角度がそのまま表示されます。

表示角度はリアルタイムで計測されるので、加工作業をしながら曲げ角度の確認ができます。

一般角度モードで通常角度の測定

一般角度モードで通常の角度計として使用できます。

任意の角度を0°にセットし、その位置からの測定ができます。加工材を曲げた後の検査、鉄骨加工、機械加工用に便利です。

MODEボタンで測定モードの切り替え

測定モードはボタンを押す毎に切り替わります。


強力な底面マグネットで
逆さ取り付けができる

底面には強力なネオジムマグネット3個を採用。

磁性材料の加工板へ垂直取り付けや逆さ取り付け、本体から手を離しての作業もできます。本体が逆さまになると表示画面も見やすい上向き表示に反転します。


落としても壊れにくい、
堅固なアルミ一体成型ボディ

本体は堅固なアルミ一体成型ボディを採用。

万一落下等の衝撃を与えても変形しにくい造りになっています。


便利な収納ケース付き

保管に便利な木製ケース付属。本体をキズやホコリから守ります。

付属の落下防止ストラップはこちらに収納されています。



一般角度計との違い・・一般角度計は計算が必要

一般的な角度計の場合、板金曲げ角度を測ろうとしても基準となる0度からの傾き角度しか表示されないので、曲げ角度を求めるには計算が必要になります。

デジタル曲げ角度計 DPM-2は板金・製缶現場での使用に特化した角度計です。

加工板に設置して曲げれば板を何度に曲げたか、計算なしでリアルタイムに直読できます。


仕様

名称 デジタル曲げ角度計
型式 DPM-2
最小表示 角度0.1°
測定範囲 曲げ角度モード 180°×2α(360°)
一般角度モード 90°×4 (360°)
測定精度
(繰り返し精度)
曲げ角度モード 0°~5°& 175°~180°=±0.2°(±12'・3.5mm/m)
6°~174°=±0.4°(±24'・7mm/m)
一般角度モード 0°~5°& 85°~90°=±0.1°(±6'・1.75mm/m)
6°~84°=±0.2°(±12'・3.5mm/m)
寸法/重量/材質 57L×57H×29W / 220g / アルミ合金メッキ仕上
使用温度範囲 0℃~40℃
防塵・防水性規格 IP50
表示安定期間 3秒間
使用電池 9V6P角型アルカリ電池一個 連続使用70H
自動スイッチオフ 5分後
測定面マグネット ネオジム磁石φ10、吸着力2kg×3
トレサビリティー 校正証明書の発行可能 (有償)
価格(¥) 34,800

製品カタログCatalog(EN)

よくあるご質問
「デジタル角度計ミニ DPM-1」との違い

姉妹品にDPM-2とよく似た外観のデジタル角度計ミニ『DPM-1』があるが、違いはなんですか?と質問をいただくことがあります。

DPM-1は、一般的なデジタル角度計で基準面からの傾きの測定に使われます。

DPM-2は板金・製缶現場での使用に合わせ、精密・便利性・堅牢性を追求して開発された「曲げに特化した角度計」で、DPM-1やその他一般的なデジタル角度計とは内容がまったく異なるものです。

世界初の「板金曲げ角度が、リアルタイムに計算なしで直読できる小型角度計」

DPM-2は世界初の機構で傾き角度を演算して、曲げ角度に変換表示しています。

これが、DPM-1や一般的なデジタル角度計との大きな違いになります。

「曲げ角度モード」と「一般角度モード」を搭載

板金曲げ角度計として使える「曲げ角度モード」と、通常の角度計として使用できる「一般角度モード」を搭載。  どちらの測定方法も任意の位置をゼロセット、その角度からの測定ができます。

IC角度センサーを採用

IC電子式角度センサーを採用。従来の機械式エンコーダー式センサーにくらべ、精度の信頼性、繰り返し精度の安定性がよりアップ。落下等の衝撃にも強くなっています。

測定値安定時間の短縮

より良い作業効率を目指し、測定値の安定時間を10秒(DPM-1)から3秒と大幅に短縮。

液晶パネルの拡張

より大きな液晶パネルで表示が見やすくなりました。

液晶表示の自動反転機能

本体を逆さまにすると液晶表示も見やすい上向き表示になります。

電池交換後の再校正不要

電池交換前の数値を記憶しているので、交換後の校正は不要です。

強力な底面マグネット

より強力なマグネット採用で、DPM-2は垂直・逆さま取り付けでも手を離しての作業ができます。

堅固なアルミ一体成型

外装にはより堅固なアルミ一体成型を採用。落下等の衝撃を加えても変形しにくくなっています。