シートメタルツール・金型・測定工具
TOEI INDUSTRIAL CO., LTD.

東栄工業株式会社

Press Brake

Sheet metal tools

こんなユーザーの声に応えて新発売


キズノンダイ NEW


品質をUPし、なおかつ価格は
他社メーカーの
半値以下!!


革新的金型のコストダウンまで37年・・・詳しくはこちら


肩キズを残さず穴を変形させない、シャープな曲げ

ステンレス、アルミ、鏡面材、カラー鋼板等の化粧材に肩キズを残さない、シャープな曲げ加工ができます。

通常のVダイ加工では歪んでしまう穴の際や斜辺も変形しない、精度の高い加工に仕上がります。


全面焼入&窒化処理で耐摩耗性の向上

ローラー部…SCM440 全面焼入HRC45~49
ダイ本体…SCM440+窒化処理 調質HRC28~32

広い適応板厚で金型交換の頻度が減らせる

一種類のダイで加工できる板厚範囲が広いため、板厚に合わせた金型選定および交換が少なくてすみ、作業効率が上がります。

小さなR&ショートフランジ

通常Vダイでは成形できない短いフランジ加工が可能。加えて、R部を小さく抑えたシャープな曲げが作れます。

フランジ&R参考寸法はこちら >

ワークに丸いピン跡が残らない

他社製品(ウイングベンド等)のようにローラー部上面に丸ピンがないため、ワークにピン跡が付きません。

肩キズがつかないローラー構造

プレスに従いローラー部が回転し、ワークと常にフラットに接触するため、通常Vダイでの加工で発生してしまう肩キズが生じません。

通常Vダイとキズノンダイの比較

通常ダイ

キズノンダイ

通常ダイ

キズノンダイ

キズノンダイ 板厚6.0t

キズノンダイ 板厚6.0t

斜辺曲げ・通常ダイ

斜辺曲げ・キズノンダイ

ワークの擦りキズについて

保護シートが貼られているワークは肩キズ・擦りキズがまったく残らない綺麗な仕上がりとなりますが、保護シートのないワークではわずかな擦りキズが付きます。 この擦りキズはキズノンダイに専用テープを貼ることで防止できます。

専用テープによる擦りキズ対策について >

仕様

製品カタログ

※KD14は50、100、200のみとなります。

アマダ・コマツ・Muratec適応モデル

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

1Vダイホルダー仕様

○適応ダイホルダー・・・分割1Vダイホルダー・油圧1Vダイホルダー・FEAT(フィート) AFHダイホルダー

○材質・・・【ローラー部】SCM440、全面焼入HRC45~49 【ダイ本体】 SCM440+窒化処理 調質HRC28~32

寸法図 型番 長さ
(mm)
相当V幅 最小加工角度 加工板厚(mm) 保証耐圧 価格
KD14-A-50 50 V6相当 60° SPCC=0.5~1.2
SUS=0.5~1.0
アルミ=0.5~1.0
50Ton/M 19,800
KD14-A-100 100 35,000
KD14-A-200 200 64,500
KD23-A-50 50 V12相当 60° SPCC=0.5~2.0
SUS=0.5~2.0
アルミ=0.5~2.0
70Ton/M 21,000
KD23-A-100 100 36,000
KD23-A-200 200 66,000
KD23-A-400 400 119,000
KD35-A-50 50 V16相当 60° SPCC=1.0~3.2
SUS=1.0~3.0
アルミ=1.0~3.0
90Ton/M 26,300
KD35-A-100 100 47,000
KD35-A-200 200 85,500
KD35-A-400 400 153,000

専用レール仕様

○適応ダイホルダー・・・専用レール KDR-415、KDR-835

※アマダ№300レール及びコマツDHRダイベースは固定方法が異なるために互換性がありません。

○材質・・・【ローラー部】SCM440、全面焼入HRC45~49 【ダイ本体】 SCM440+窒化処理 調質HRC28~32

寸法図 型番 長さ
(mm)
相当V幅 最小加工角度 加工板厚(mm) 保証耐圧 価格
KD14-M-50 50 V6相当 60° SPCC=0.5~1.2
SUS=0.5~1.0
アルミ=0.5~1.0
50Ton/M 29,700
KD14-M-100 100 52,500
KD14-M-200 200 96,800
KD23-M-50 50 V12相当 60° SPCC=0.5~2.0
SUS=0.5~2.0
アルミ=0.5~2.0
70Ton/M 31,500
KD23-M-100 100 54,000
KD23-M-200 200 99,000
KD23-M-400 400 178,500
KD35-M-50 50 V16相当 60° SPCC=1.0~3.2
SUS=1.0~3.0
アルミ=1.0~3.0
90Ton/M 34,800
KD35-M-100 100 60,500
KD35-M-200 200 110,000
KD35-M-400 400 198,250
KD65-M-50 50 V30相当 60° SPCC=1.2~6.0
SUS=1.2~4.5
アルミ=1.2~6.0
100Ton/M 38,000
KD65-M-100 100 67,000
KD65-M-200 200 121,000
KD65-M-400 400 218,000

専用レール・芯出し治具

品名 寸法図 型番 長さ(mm) 価格 芯出し要領図
専用レール KDR-415 415 35,000
※アマダ№300レール及びコマツDHRダイベースは固定方法が異なるために互換性がありません。
KDR-835 835 53,000
芯出し治具
(2個セット)
KDV-50 50 17,500

トルンプ(Trumpf)適応モデル

○材質・・・【ローラー部】SCM440、全面焼入HRC45~49 【ダイ本体】 SCM440+窒化処理 調質HRC28~32

寸法図 型番 長さ(mm) V幅相当 最小加工角度 加工板厚(mm) 保証耐圧 価格
KD14-T-50 50 V6相当 60° SPCC=0.5~1.2
SUS=0.5~1.0
アルミ=0.5~1.0
50Ton/M 29,800
KD14-T-100 100 56,000
KD14-T-200 200 103,000
KD23-T-50 50 V12相当 60° SPCC=0.5~2.0
SUS=0.5~2.0
アルミ=0.5~2.0
70Ton/M 33,600
KD23-T-100 100 57,600
KD23-T-200 200 106,000
KD23-T-400 400 190,000
KD35-T-50 50 V16相当 60° SPCC=1.0~3.2
SUS=1.0~3.0
アルミ=1.0~3.0
90Ton/M 38,800
KD35-T-100 100 67,300
KD35-T-200 200 122,000
KD35-T-400 400 218,000
KD65-T-50 50 V30相当 60° SPCC=1.2~6.0
SUS=1.2~4.5
アルミ=1.2~6.0
100Ton/M 44,000
KD65-T-100 100 77,000
KD65-T-200 200 138,000
KD65-T-400 400 246,000

曲げ加工データ

・いずれも先端R0.2のパンチを使用した参考値です。パンチのRやワークの材質により変動します。

最小フランジ長さ

先端R0.2のパンチを使用しての参考値です。

板厚 タイプ KD14 KD23 KD35 KD65
材質 SPC SUS AL SPC SUS AL SPC SUS AL SPC SUS AL
0.5t 2.85 2.65 4.80 3.90
1.0t 3.55 4.00 3.50 5.15 5.65 4.70 8.66 8.80 8.40
1.5t 6.50 5.85 5.50 8.96 9.05 8.80 15.0
2.0t 6.75 6.75 9.00 9.24 9.16 15.3
3.0t 9.95 9.95 10.0 16.2
4.0t 16.6
4.5t 16.9
6.0t 18.1

※短いフランジ寸法を加工する場合は、パンチ刃先とバックゲージとの干渉にご注意ください。

穴の変形のない最小寸法

板厚 タイプ KD14 KD23 KD35 KD65
材質 SPC SUS AL SPC SUS AL SPC SUS AL SPC SUS AL
1.0t 2.41 2.46 1.83 2.50 2.60 2.00
1.5t 2.88 3.75 3.52
3.0t 7.70
4.5t 9.50
6.0t 11.75

外R最小寸法

先端R0.2、角度88°パンチを使用した90°曲げの参考値です。

板厚 タイプ KD14 KD23 KD35 KD65
材質 SPC SUS AL SPC SUS AL SPC SUS AL SPC SUS AL
1.0t 1.47 1.67 2.01 2.60 2.00 2.34
1.5t 2.55 3.75 2.94 2.93 2.70 2.04
2.0t 3.19 3.22 3.60 3.70 3.20 3.97
3.0t 4.00 5.50 5.45
4.5t 8.29
6.0t 8.63

圧力表(TON/M)

SPCC材1Mを曲げるために必要な圧力の参考値です。

板厚 タイプ KD14 KD23 KD35 KD65
パンチ先端R R0.2 R0.6 R0.2 R0.6 R3 R0.2 R0.6 R3 R0.2 R0.6 R3 R5 R9
0.8t
1.0t 8 9 5 4
1.2t 12 17 9 8 6 1
1.5t 13 13 25 16 2 4
2.0t 32 34 14 15 25 4 3 7
3.0t 38 42 12 12 13 23
4.0t データ検証中
5.0t
6.0t

ワークの擦りキズ対策

保護シートが貼られていないワークを曲げる場合、わずかな擦りキズが付きます。

このキズはキズノンダイのローラー部上面に擦りキズ防止テープを貼ることで簡単に防ぐことができ、他社製品のウイングベンドPlusで曲げたような、 擦りキズの残らない綺麗な仕上がりになります。

ウレタンシートキズノンシートはローラー部に巻き込まれてしまうために使用できません。

擦りキズ防止テープ

特長

・素材は摩擦係数の低いテフロンを使用。特に表面は特殊製法により、なめらかで滑りが良くなっています。

・非常に優れた耐老化性で、貼付されたテープは長期間に渡りその性能を発揮します。

・シリコン系粘着剤を使用。テープ剥離の際はほとんど糊残りがありません。

仕様

型番 テープ寸法 適応キズノンダイ型番 ローラー上部片側幅 価格
D-06 幅6mm×厚み0.09mm×長さ10M KD14-A KD14-M KD14-T 7mm 7,000
D-10 幅10mm×厚み0.09mm×長さ10M KD23-A KD23-M KD23-T 11.5mm 10,000
D-16 幅16mm×厚み0.09mm×長さ10M KD35-A KD35-M KD35-T 17.5mm 16,000
D-30 幅30mm×厚み0.09mm×長さ10M KD65-M KD65-T 32.5mm 30,000

擦りキズ防止テープ耐久テスト

テープ型番 使用金型 材質 曲げ回数 ワークとテープの状態
D-06 KD14 SUS t1.0 402回 ワークに擦りキズなし、テープも大きな変化はなく継続使用可能。
D-06 KD14 SPCC t1.2 233回 ワークに擦りキズなし、テープも大きな変化はなく継続使用可能。(1回目テスト)
D-06 KD14 SPCC t1.2 280回 ワークに擦りキズなし、テープも大きな変化はなく継続使用可能。(同条件で2回目のテスト)
D-10 KD23 SPCC t1.2 150回 ワークに擦りキズなし、テープも大きな変化はなく継続使用可能。
D-16 KD35 SPCC t2.3 165回 ワークに擦りキズなし、テープも大きな変化はなく継続使用可能。
D-30 KD65 鉄 t4.5 10回 ワークに擦りキズなし、テープも大きな変化はなく継続使用可能。

キズノンダイの歴史・・・37年前に遡る話です。

東栄工業では長年、プレスブレーキによる曲げ傷防止製品の開発に取り組んできましたが、 その中でも最も注力したのが、ウレタンシートのような消耗品ではない恒久的な金型でした。

新発売のキズ防止金型 「キズノンダイ」

 

この金型の原型を初めて目にしたのは37年前のことです。

半割した丸棒を前後に並べて ワークと一緒に回転させる金型。広島県で板金業を営む中小企業様が特許開発した画期的な金型でした。 大手板金機械メーカーに売り込みましたが、不具合のある未完成品とされ不採用になりました。 結果、この金型は市場に出回ることがありませんでした。

のちに、多くの類似金型が出てきました(基本形状は前述と同じです)。

イタリア製 V-Black、 イギリス製 Rolla-V、日本製 ウィングベンド、等々どれもキズ防止のみならず、 ショートフランジ曲げ、小さな曲げR、穴際が変形しない曲げ、斜辺曲げ、曲げ板厚の広さ、 どれをとってもVミゾ金型では加工できない素晴らしい機能を持つ金型ですが、 採用しているお客様がとても少ないのが現状です。

原因は価格が高すぎるのです。どのメーカーも製造コストがかかるためか、 高額になっています。お客様は一様に金型の良さを認めますが、 価格を聞いてビックリして購入を諦めてしまうのです。

東栄工業ではこの画期的金型の長年の難題であった高額な価格を、独自の製造方法で大幅にコストダウンするとともに、 利益を最小限ギリギリに押さえた 「キズノンダイ」を発売しました。 

価格は他社製品の半値以下、もちろん品質はUPしています。

(2020年5月)


SNS